×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

個人が製作したウェブサイトやブログ等が、その個人の死後、どのように管理・保存されるべきかという問題がある。この問題を「関心空間」では「ネット墓守(-はかもり)」というキーワードとして登録した。インターネット上の個人の墓標といった、慰霊や追憶といったものとは別物である。あくまで、これは個人が生前活動していたかたちをそのままに残すというものである。 現在まだ日本国内では、直接個人のウェブサイトを本人の死後維持していくサービスのようなものは商品サービス化されていないが、難病で闘病生活をおくって亡くなった個人のウェブサイトを担当医、もしくはボランティアが個人の意図を尊重しつつ管理、維持しているものがいくつか存在する。 こうした動きの中で、「まろまろ記」のWeb遺書などがきっかけになり、ウェブマスター自身が急死にそなえて死後の方針をサイト上で意思表明する活動もおこなわれている。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のmixi内での Web 遺書コミュニティでも情報交換がおこなわれている。